ロレックスのオーバーホールを依頼するなら、プロの技術者が多数在籍しているこちらの業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

薄茶の鞄

高級ブランド物や愛着があるバッグが壊れてしまった場合、修理に出すことで直すことが出来ます。
また、修理に出すだけではなく、自分でバッグを直すことも可能です。
どちらの方法でバッグを修理する際でも、色々な情報を集めてから行ないましょう。
そうすることでバッグの修理成功率を高めることが出来ます。

バッグは持ち手、根革、内袋、パイピング、ファスナー、など色々な部分からできています。
壊れた部分によって修理方法が変わってくるので、どの部分が壊れたかしっかりと把握することが大切になってきます。
持ち手とは、かばんを持つための部分の事で、この部分が壊れた場合は修理するより交換するほうが早いです。
この持ち手には色々な種類があるので、かばんの色や雰囲気に合っているものを購入して交換しましょう。
根革とは持ち手と本体をつなげている部分のことを指します。
この根革が切れてしまった場合も交換することになるのでかばんの雰囲気にあった物で交換していきましょう。

内袋とは、かばんの内側にある袋の事で、この内袋は時間と共に白い粉やベタつきが発生する可能性があります。
この白い粉やベタつきは、かばんの合成素材や接着剤が時間と共に劣化したもので、これらを取り除く為には内袋を取り替える必要があります。
内袋には専用の素材が使われている場合があるので、取り替える際は素材を確かめて購入しましょう。
かばんの角部分をパイピングと呼びます。
このパイピングはかばんの中で一番傷が付きやすい部分で劣化しやすいという特性があります。
通常は壊れにくいように頑丈に作られていますが、壊れた場合は修繕が必要になってきます。
ファスナーが壊れた場合は、ファスナーの代替部品を購入して修理を行ないます。
ファスナーは規格が同じものが多く存在するので、代替部品が探しやすいメリットがあります。
このように、部品に合わせてバッグの修理方法は変わってくるので、どの部品にどの修理方法が必要か把握しておくことが大切です。

 
 
 
赤の鞄

専門業者に依頼する

バッグを修理に出す際は専門の業者に依頼することが一般的です。専門の業者に依頼することで、新品同様に直してくれるので、壊れた際は専門の業者を活用してバッグの修理をしてもらいましょう。

 旅行用鞄

専門業者を探す

バッグの修理を依頼する業者は数多く存在します。信頼できる業者に依頼することで、安心してバッグを直してもらう事が出来るので、業者を探す際は慎重に探しましょう。専門業者はインターネットなどで検索することで探すことが出来ます。

女性と黒い鞄

ブランドバッグの修理

バッグの修理にかかる費用は専門業者によって様々ですバッグのブランドによっては専門の修理業者に依頼しないと直せない場合もあるので、自分が持っているバッグのブランドを把握して問い合わせてみることも大切です。